ニキビの辛さはできた当人しか分からない!

ニキビって、なんでできる人とできない人がいるんでしょうね。
ニキビができない人から見たら、大した悩みではないように思われるかも知れませんが、
ニキビができた当人は大変な思いをして過ごしているんです。

 

私は中学1年生になってすぐ、顔にニキビができました。
ちょうど年頃だったので顔にできたニキビが凄く嫌で、普通に振舞っていましたが実は凄く悩んでいたんです。

 

ニキビぐらい薬でも塗ったらすぐに治るんじゃないの?って思う人が多いと思います。
でも実際にはそう簡単ではありません。

 

実際に私は、今まで色んな治療法を試してきました。
クレアラシルみたいな市販薬を買って塗ったり、皮膚科に行って処方したもらった薬を塗ったり・・・。
でも塗ってしばらくは良くなっても、またすぐにニキビはできてしまうんです。
新しい薬を試すたびに「今回こそは治るかも」と淡い期待をしつつも、いつも残念な結果に終わってしまっていました。

 

ニキビができる原因は外的要因の他に、生活習慣なども深い関わりがあるようです。
実際に私のように色んな薬を塗っても改善されないというのは、きっと他に原因があるからでしょう。
食べ物の好みかも知れませんし体質の問題かも知れません。
とにかく外的治療だけじゃなく、ニキビができる原因を突き止めて、自分の生活スタイルを改善していく必要があると感じています。

 

 

今のところ気をつけていることは、甘いものの食べ過ぎに注意することと、ポテチなどの脂っこいおやつは一気に食べてしまわないようにすることです。
部活が終わるとお腹ペコペコで、ついポテチの大袋全部平らげてしまうので、我慢して2日で1袋にしています。
油の摂りすぎは肌に悪いと聞いたので、これからは食べるものに気を配って体の中からキレイになりたいです。